スポンサーリンク


水原一平の年収の推移に驚愕!誰から?何どこから給料を?手取りについても大調査!


スポンサーリンク

大谷翔平選手の大活躍に伴って、今やまさに時の人となった通訳の水原一平さん。

こうなると、水原さんの収入は一体いくらなのか、気になりますよね。

なにしろ大谷選手の契約金が異次元の破格ですから、彼を支えている水原さんも、かなりの収入を得ていても不思議ではありません。

そして、そもそも水原さんのお給料は誰から支払われているのか、そのシステムも知りたいものです。

ここでは、水原さんの収入や、誰からお給料をもらっているのか、また大谷選手とともにMLBに挑戦してから水原さんの年収が上がったかについて、述べていきます。

この記事でわかること
  • 水原一平さんの気になる年収と手取り額
  • 水原一平さんの給料は誰から支払われているか
  • 渡米してから水原一平さんの年収はアップしたのか
目次

スポンサーリンク

水原一平の2023年の年収は?

あくまでも推定ですが、2023年の水原一平さんの年収は、6千万〜1億円といわれています。

MLBに詳しいスポーツライターの友成那智氏は、一般的なMLBの通訳の年収の相場について、以下のようにコメントしています。

「一般的に優秀な通訳の場合、松井秀喜の通訳だったロヘリオ・カーロン氏は、8万ドル(1150万円前後)プラス地方遠征手当などが支給されていました。
またMLBの監督の年俸は意外と低くて、大多数は100万ドル前後、コーチも大物なら70万ドル前後はもらえますが、それ以外なら20~30万ドル程度ともっと低くなる。
以上をベースに考えれば、水原氏とて15万ドル、2千万円強がせいぜいでは」

引用:デイリー新潮

松井秀喜さんがニューヨークヤンキース時代、彼の通訳をされていた方のお給料が、日本円でおよそ1100万円程度とされています。

これを参考にすると、水原さんのお給料も多くても2千万円程度だと考えられます。

意外と安いようにも思えるのですが、これはあくまでも通訳としてのお給料です。

そして、この通訳としてのお給料は、球団(2023年まではロサンゼルスエンぜルス)から支払われます。

これは、大谷選手の専属の通訳ではありますが、その前に球団職員としてエンゼルスに所属しているからです。

実は水原さんには、もう一つ、大谷選手個人からの収入があります。

水原さんは大谷選手と雇用契約を結んでおり、通訳以外の、運転手、ボディーガード、練習相手、その他生活全般におけるサポートをしているのです。

その大谷選手から支払われている報酬が、大谷選手の年俸の1〜2%ではないかといわれています。

大谷選手の2023年の年俸が、日本円でおよそ43億円でしたので、その1〜2%とすると4千万〜8千万円であると推測されます。

つまり、球団から2千万円大谷選手から8千万円の収入があるとすると、合計1億円の収入があるということになるのです。

スポンサーリンク

水原一平の給料はどこから?だれから支払われているの?

水原一平さんのお給料は、2か所から発生しています。

  • 球団職員(通訳)として、球団から支払われるお給料
  • 大谷選手との雇用契約(通訳以外のサポート全般)に従って、大谷選手から支払われるお給料

水原さんは大谷選手の専属の通訳ですが、あくまでも球団職員の一員です。

そのため通訳としてのお給料は球団から支払われます。

ただし、水原さんは球団以外に大谷選手と雇用契約を結んでいて、大谷選手からもお給料が支払われています

大谷選手との契約内容とは、通訳以外の、トレーニングや生活全般のサポートに関わるものです。

具体的には、運転手、キャッチボールの相手、ボディーガード、広報、その他大谷選手がチームにうまく溶け込んでストレスなく実力が発揮できるよう、さまざまな気配りをしています。

次の動画は、シアトルマリナーズとの試合中、乱闘騒ぎが起こったシーンです。

0分50秒から、画面左側に乱闘騒ぎに加わろうとする大谷選手を、黒いマスクをした水原さんが後ろから必死に静止している姿が映っています。

乱闘に巻き込まれてケガをしたりすることのないよう、試合中に生じるこのような場面でも大谷選手を守っているのです。

こうして見ると、大谷選手からもかなりの報酬をいただいていると考えても自然なことですよね。

スポンサーリンク

水原一平の年収の推移は?渡米してからアップした?

水原一平さんの年収は、渡米してからはるかに上がりました

その理由は、渡米後に通訳としての収入だけではなく、大谷選手の年収の一定割合を報酬として受け取る、という内容の雇用契約を大谷選手との間で結んでいるからです。

年収に関しては明確にされていない部分もありますから、あくまでも推測になりますが…

NPB(日本野球機構)の通訳の年収は、400万〜600万円が相場といわれています。

水原さんも通訳の仕事をスタートした日本ハム時代は、この辺りの年収を得ていたのではないかと思われます。

2018年、大谷選手のロサンゼルスエンゼルスに移籍に伴い水原さんも渡米しエンゼルスに所属しましたが、この時の水原さんの球団から支払われていた月給は、およそ40万円だったそうです。

つまり、エンゼルスからの支払われていた報酬は、メジャーといえども日本ハム時代とほとんど変わりません。

ただし、渡米してからは大谷選手との雇用契約による収入もあります

大谷翔平選手は以前、こう語っていました。

「契約で水原さんは僕の年俸の2%しか貰えない。申し訳なく思っている」

つまり、水原さんは球団からの通訳としての収入とは別に、大谷選手の年俸の2%を受け取っていることになります。

以下に、大谷選手のMLBでの年収の変化をまとめてみました。

西暦年収備考
20186,000万メジャー1年目・新人王
20197,200万
20207,700万
20213.3億MVP受賞
20227.2億
202343.2億MVP受賞(2回目)
20243億ドジャースへ移籍

渡米してからの大谷選手の年収は、確実に上がっています。

それに伴い、水原さんの報酬も年々増加していることが推測されます。

ただし、2024年からのドジャースとの契約では、契約満了時点まで大谷選手が受け取るのは年俸3億円としていますから、水原さんが大谷選手から受け取る報酬も減額になるのかもしれません。

スポンサーリンク

水原一平の年収の手取りは実際のところいくら?

水原一平さんの2024年の年収の手取りは、1千5百万円ほどではないかと推測されます。

水原一平さんの年収は、通訳として球団から支払われる年収が推定でおよそ2千万円前後、それに大谷選手が2024年から受け取る年俸(約3億円)の2%が個人契約として支払われますから、合計すると3千万円程度ではないかと思われます。

この水原さんの通訳としての年収は、MLBの通訳の中ではトップクラスの金額であり、それだけ非常に高い評価を得ているということがいえます。

しかし、問題はそこから多額の税金が引かれるという点です。

スポーツライターの友成那智氏によると、

「まず日本における国税に相当する連邦個人所得税が37%、それに大谷が住むカリフォルニア州政府からも州税12.3%が課税されることになります」

引用:デイリー新潮

つまり、水原さんが実際に手にするのは、年収のおよそ半分程度、すなわち1千5百万円ほどではないかと思われます。  

スポンサーリンク

水原一平の年収の推移に驚愕!誰から給料を?雇い主はどこから?手取りについても大調査!まとめ

この記事で分かったこと
  • 水原一平さんの2023年の年収は、推定で6千万円〜1億円
  • 給料は球団と大谷翔平選手の2箇所から支払われている
  • 年収は渡米してから年々上昇したが、2024年からは大谷選手の受け取る年俸が減額となるため、下降の可能性も
  • 手取り額は税金を引くと年収の半分程度と推測される

いかがでしたでしょうか。

水原一平さんは通訳だけではなく、大谷選手のさまざまなサポートも行い、球団職員でありながら大谷選手とも雇用契約を結んでの、まさに二刀流の活躍をされています。

今後の水原さんのご活躍を、ぜひお祈りしたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次