スポンサーリンク


山本由伸が岡山出身だけど宮崎県の都城高校を選んだ理由に驚愕!野球に対する姿勢も大調査!


スポンサーリンク

オリックスのエースとして活躍後ドジャースへ移籍し、メジャーリーグへ活躍の場を移した山本由伸選手。

WBCや東京オリンピックでの活躍も素晴らしいものでした。

そんな山本由伸選手は岡山県の出身なのですが、高校は宮崎県にある都城(みやこのじょう)高校を選んでいます。

高校野球のために他県の高校に進むことはよくあることですが、岡山県であれば関西の強豪校に進むというのが真っ先に思いつく選択肢です。

ではなぜ山本選手は宮崎県の都城高校を選んだのでしょうか?

山本選手が都城高校を選んだのは都城高校の野球部の監督である森松監督からのスカウトがあったからと中学時代に所属していた野球チームである東岡山ボーイズの1年先輩にあたる石原さんが都城高校に進んだからという理由があります。

そんな山本由伸選手の都城高校を選んだ理由や子供時代の話など詳しく解説していきます!

本記事でわかること

・岡山出身の山本選手が宮崎県の高校を選んだのはなぜ?

・山本選手の高校時代の成績は?

・監督やスカウトからの評価はどうだったの?

・オリックス所属の頓宮裕真選手は山本選手と岡山県の実家が隣同士?

・頓宮裕真選手の父親は山本選手のコーチだった?

目次

スポンサーリンク

山本由伸が岡山出身だけど宮崎県の都城高校を選んだ理由はなぜ?

  • 都城高校の監督からのスカウトがあったから
  • 中学時代に所属していたチームの先輩が都城高校に行ったから
スポンサーリンク

理由① 監督からのスカウト

山本由伸選手が岡山出身でありながら宮崎県の都城(みやこのじょう)高校を選んだ理由は都城高校の監督である森松賢容(よしひろ)氏からのスカウトがあったためです。

森松監督はかつて岡山県にある作陽高校でコーチをしていました。

そのため森松監督には岡山県に所縁がありました。

山本由伸選手は中学時代「東岡山ボーイズ」という野球チームに所属していました。

その「東岡山ボーイズ」に森松監督は山本選手とは別の子を目当てに視察に行きました。

そこで山本選手を見た森松監督は「あの子と野球がしたい」と直感しました。

山本選手の後輩への声かけや練習姿勢、楽しそうに野球をプレイする姿を見てそう感じたそうです。

その日に「東岡山ボーイズ」のコーチに「あの子、連れて行っていいですか?」と言いました。

スポンサーリンク

理由② チームメイトの先輩の存在

都城高校には東岡山ボーイズの1年先輩にあたる石原与一さんが通っていました。

都城高校を選んだ理由に石原さんの存在も大きかったでしょう。

地元ではない高校に進学するにあたり知り合いが1人いるだけで安心感がかなり違うでしょう。

同じチームで切磋琢磨した仲であり、高校では寮が相部屋でした。

現在でも親交があり、試合後に電話で話すような間柄です。

スポンサーリンク

山本由伸の都城高校での成績は?

山本由伸選手の都城高校での成績は以下の通りです。

山本選手の高校での成績

・1年秋(2014年):ベスト4
・2年春(2015年):準優勝
・2年夏(2015年):ベスト8
・2年秋(2015年):ベスト8
・3年春(2016年):ベスト8
・3年夏(2016年):3回戦敗退

1年の夏の大会に3塁手として出場し、秋からは本格的に投手へ転向しました。

2年の夏の宮崎新人野球大会の決勝でノーヒットノーランを達成、2年秋の宮崎大会では完全試合を達成しました。

3年の頃には九州四天王の内の1人として数えられていました。

残念ながら高校3年間で甲子園に出場することはできませんでした。

スポンサーリンク

都城高校の監督やスカウトからの山本由伸に対する評価はどうだった?

都城高校の監督からの評価は「一瞬も野球のことを忘れず、もっと野球がうまくなりたいという思いでいっぱいだった」とのこと

都城高校の監督である森松監督はスカウト時は山本選手を二塁手か遊撃手で育てる予定でした。

しかし練習初日のキャッチボールを見て「こんなに良い球を投げれるのか!」と驚いた森松監督がピッチャーとして育てること決意。

入学時には124kmだった球速は1年の秋には138kmを超え、2年の夏には148km3年には150km越えと凄まじい成長を見せました。

森松監督は当時の山本選手の様子を「一瞬も野球のことを忘れず、もっと野球がうまくなりたいという思いでいっぱいだった」「経験を成功につなげていく速度が速かった」と話しています。

「本当に野球が好きで、もっと野球がうまくなりたいというのが見ていてすごかったと思います」。寮をのぞけばシャドーピッチングや素振り、道具の手入れに時間を使っていた。一瞬たりとも野球が頭から離れない。

侍・山本 高校時代の恩師・森松氏が語る由伸の原点 泣き虫変えた雨中の敗戦 /WBC/野球/デイリースポーツ online (daily.co.jp)

最大の激怒は1年秋の延岡学園戦。天候やグラウンド状況の悪さを理由に、由伸は自分本位の投球を続けていた。ベンチで「お前さ、何やってんの」と叱った。強制的に九回のマウンドにも立たせ、二回まで7-1のリードから9-10で逆転負け。励ます先輩の声も届かない。人目もはばからず号泣し、バスに乗り込んでからも一人で涙を流した。

 ただ、由伸の強さはここから。次の日には顔色を変え、練習に取り組んだ。走る姿勢から、まるで違う。「経験から成功に変えていく速度が速い。日々、失敗の中から成長していた」。決して、立ち止まることはない。野球日誌にもポジティブな言葉を並べ、常に前進していた。

侍・山本 高校時代の恩師・森松氏が語る由伸の原点 泣き虫変えた雨中の敗戦 /WBC/野球/デイリースポーツ online (daily.co.jp)

山本選手のドラフト指名はオリックスの単独指名の4位でした。

というのもその年、山本選手がケガをしているという噂や社会人野球に進むという噂が流れていました。

今になって見れば日本最強レベルの投手をドラフト4位で獲れたというのは破格なことです。

スポンサーリンク

山本由伸と実家が隣だった頓宮裕真の山本由伸に対する評価は?

山本選手と頓宮選手が初めてバッテリーを組んだ時の頓宮選手のコメントあいつの方がやっぱり経験があるのでリードしてくれてる部分もある

オリックスの内野手、捕手である頓宮(とんぐう)裕真選手は山本由伸選手と実家が隣の幼馴染です。

投手が山本選手、捕手が頓宮選手の”お隣さんコンビ”で初プレイをした際の頓宮選手のコメントが以下の通りです。

「しっかりサイン出した通り投げてくれて、あいつの方がやっぱり経験があるのでリードしてくれてる部分もあるし、お互いいい感じでよかったんじゃないかなと思います」

学年では頓宮選手の方が2学年上です。

しかし山本選手の方が早くプロ入りをしました。実力を認めたうえでプロ野球の世界での先輩として山本選手へのリスペクトが窺えるコメントですね。

スポンサーリンク

山本由伸の幼い頃にキャッチボールの相手は頓宮裕真の父親だった!

頓宮選手の父親は山本選手が小学生の時に所属していたチームのコーチだった!

山本由伸選手と頓宮裕真選手は岡山県備前市の実家が隣どうしです。

家の前でよくキャッチボールをしていた仲であり、頓宮選手が2学年上で同じ小学校に通っていました。

頓宮選手は活発で友達が多く、近所の公園に友達を集めてよく野球をしていました。控えめな性格の山本選手はそれにくっついていき、2学年上の先輩に混じって野球をしていました。

頓宮選手の父親である頓宮哲也さんは少年野球チーム「伊部パワフルズ」でコーチをしており、山本選手も頓宮選手もそこに所属していました。

頓宮哲也さんにとって山本選手は息子の良い友達であり、教え子でもあったのです。

先にプロ入りをしていた山本選手に続いて頓宮裕真選手がプロ入りした際に、父親の哲也さんは山本選手と一緒にプレーできることが何より嬉しかったと話されています。

哲也さんは息子のプロ入りを喜ぶとともに「ヨッシー(山本投手)と一緒にプレーできると考えるとなおさらうれしかった」と振り返る。

「奇跡の幼なじみ」山本由伸と頓宮裕真、岡山の実家は隣同士…活発だった頓宮・おとなしかった山本 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)
スポンサーリンク

山本由伸が岡山出身だけど都城高校を選んだ理由に驚愕!幼い頃からの輝かしい成績も大調査!まとめ

本記事からわかることは以下の通りです。

本記事でわかること

・岡山県出身の山本選手は森松監督からのスカウトのために宮崎県にある都城高校に入学した。

・都城高校には中学の時に所属していた野球チームの1学年上のチームメイトが入学していた。

・山本選手の高校時代は入学時の球速が124kmだったものが3年の時には150km越えまで成長。

・オリックスの頓宮裕真選手とは実家が隣同士。

・山本選手が小学生の時には頓宮選手の父親がコーチをやっている野球チームに所属していた。

本記事をお読みいただきありがとうございました。

ドジャースへ移籍し、メジャーへ活躍の場を移した山本由伸選手、今後の活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次