スポンサーリンク


花巻東高3番の佐々木麟太郎選手はドラフト指名確実?!体重や身長バッテイングセンスなど注目点を大調査!

花巻東高3番の佐々木麟太郎選手。ドラフト指名確実?体重、身長、バッテイングセンスも大調査!

スポンサーリンク

花巻東高校の3番、佐々木麟太郎選手が今注目を浴びています。

花巻東高校という屈指の強豪校で一年生からレギュラーを獲得。

身長184cm、体重113kgという体格を持ち、バッティングセンスも抜群です!!

現在通算ホームラン数が歴代の高校通算HRの中でも歴代最多の140本数と言う偉業を達成!!

その実力からプロ野球のスカウト陣からも将来性は非常に高いと評価されています。

佐々木麟太郎捕手について徹底調査しましたので最後までお読み頂けると幸いです。

この記事を読んでわかること

・佐々木麟太郎選手の身長、体重

・佐々木麟太郎選手の出身小学校、中学校

・佐々木麟太郎選手のドラフト指名の理由

・佐々木麟太郎選手どこの球団が指名するか

・佐々木麟太郎選手のバッティングセンスの凄さ

目次

スポンサーリンク

花巻東高3番の佐々木麟太郎選手の体重や身長は凄い!

スポンサーリンク

佐々木麟太郎選手のプロフィール

まずは簡単なプロフィールからご紹介します。

スクロールできます
名前佐々木麟太郎(ささきりんたろう)
生年月日2005年4月18日
出身岩手県北上市
身長184㎝
体重113㎏
背番号3番
ポジションファースト
投打右投げ左打ち
yumeo

身長184㎝、体重113㎏と高校生離れした体格だね!!!

高校生の平均身長、体重と比較してみましょう。

年代別身長体重
高校1年生168.6㎝59.0㎏
高校2年生169.8㎝60.5㎏
高校3年生170.8㎝62.4㎏

上記の通り、佐々木麟太郎選手は平均の身長、体重共に大きく上回る体格と言う事がわかりました!!

スポンサーリンク

普段の食事量も段違い

恵まれたその体格はやはり食べる量も段違いだというエピソードがいくつかあるのでご紹介します。

・寿司を50貫以上食べる
・ラーメン3杯と白米を丼で3杯食べる
・5合の炊飯器を空にした

などなど凄まじい食事量のエピソードがあります。

ちなみにですが、おおよその計算にはなりますが寿司50貫で約3300kcal。

ラーメン3杯、白米丼3杯で約2300kcal。

5合分の白米で約2850kcalとなります

高校生の1日に推奨されている必要カロリーは約2400〜3000kcalで、佐々木麟太郎選手はたった1食で推奨カロリーを摂取している計算となります。

この事からいかに凄まじい食事量をとっているのかがわかりますね!!

hana

すごい、、、見てるだけでお腹が膨れそうな量だね、、

スポンサーリンク

恵まれた体格、しかし少々太り過ぎ??

しかし一部では少々太り過ぎでは?との声も上がっていました。

このままの体型だとデメリットも多い様です。

・ケガがしやすい
・走塁、守備に不安が残る

上記2点からプロでは活躍が難しい可能性も指摘されていました。

しかしこの点については、花巻東高校野球部監督である佐々木洋監督(佐々木麟太郎選手の父親)は下記の様に答えていました。

「痩せたほうがいいと言われますが、彼の個性ですから。体を細くして、打率を残すタイプの選手ではないですし。骨の成長が止まるまでは故障と向き合いながら、個性を失わないよう可能性を伸ばしてやれたらと思います」

引用:週プレNEWS

太り過ぎとは言われていますが、一度BMI指数での比較をしてみます。

スクロールできます
身長体重適正体重BMI指数肥満度
佐々木麟太郎184cm113㎏74,5㎏33,38肥満(2度)

上記の通り、BMI指数で言うと肥満(2度)に該当します。

では佐々木麟太郎選手も憧れている大谷翔平選手と比較してみましょう!!

スクロールできます
身長体重適正体重BMI指数肥満度
大谷翔平(高校3年時)190cm85㎏79,4㎏23,55普通体重
大谷翔平(現在)193cm95㎏81,925,5肥満(1度)

上記の通り大谷翔平選手も高校生時代は普通体重でしたが、メジャーリーグで活躍されている今現在のBMI指数で言うと肥満(1度)となります。

一般人と比較すると少々太り過ぎな体型にはなりますが、その体重から生み出されるパワーを活かしたプロ野球選手を目指すのであれば問題は無いのかなと感じます!!

恵まれた体格(個性)を活かしてこれからの活躍に期待ですね!!

スポンサーリンク

花巻東高3番の佐々木麟太郎選手の小学校、中学校はどこ??

出典:Google画像検索

佐々木麟太郎選手の小学校、中学校について調べてみました。

スポンサーリンク

小学校は北上市立江釣子小学校

父親である花巻東高校野球部監督、佐々木洋監督の影響もあってか、小学1年生から江釣子スポーツ少年団で野球を始める。

江釣子スポーツ少年団とは
青少年の健全育成を目的とした社会教育団体

・「一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを!」
・「スポーツを通して青少年のこころとからだを育てる組織を地域社会の中に!」

上記2点を理念に活動している様ですね!!

スポンサーリンク

中学校は北上市立江釣子中学校

中学校時代は金ヶ崎リトルシニアと言う少年野球チームに所属。

※金ヶ崎リトルシニアとは

・礼儀、挨拶をしっかり出来る選手を育てる
・高校野球で求められる事を念頭に置き、準備をする
・向上心、継続して努力する事の大切さを教える
・学業も怠ることなく努力する

これらを理念に活動されている様です!!

そして何よりこの金ヶ崎リトルシニアの監督は、現在メジャーリーグで大活躍中のあの大谷翔平選手の父親が監督を務めていたそうです!!

社会人としても通用する様な礼儀を学べる素晴らしいチームですね。

hana

佐々木麟太郎選手も大谷翔平選手を尊敬している選手の1人だと言っているみたいだね!!!

スポンサーリンク

花巻東高3番の佐々木麟太郎選手はドラフト指名確実?!そのわけは?

yumeo

なんでドラフト指名が確実と言われてるんだろう??

ここでは佐々木麟太郎選手がドラフト指名確実と言われている理由について解説したいと思います。

その理由について簡単にまとめてみます。

・高校通算HR歴代最多の140本塁打
・スイングスピード164㎞越え
・バットコントロールの上手さ
・スター性が有り、華がある

などなどスカウト陣からは高い評価を得ていました

高校生離れした体格から生み出されるパワーと、バットコントロールの器用さに注目が集まっている様です。

hana

プロ野球選手にはスター性も必要なんだね!!

スポンサーリンク

花巻東高3番の佐々木麟太郎選手はどの球団が指名する?球団の評価を調査!

出典:X(旧Twitter)

ヤクルト・阪神・巨人・広島・ホークス・中日・西武・日本ハムが指名候補としてリストアップ。

8球団からドラフト指名候補として上げられている為、2023年度のドラフトでは注目度No,1です!!

現段階(2023/8/22時点)での上記8球団のスカウト陣からの評価を下記にまとめてみます。

ヤクルトの評価
・スイングが力強い
・冷静ですべき事がわかっている
・遠くに飛ばす力は高校生の中でも飛び抜けている

阪神の評価
・将来プロでも主軸を打てる素材
・本塁打の数も多いが、ヒットの打ち方も良い
・対応力が成長している

巨人の評価
・打って欲しいところで打つ所がスター性がある
・バットコントロールが柔らかい
・力任せでは無く、テクニックもある

広島の評価
・パワーは高校生の中ではトップクラス
・パ・リーグタイプ。DHでどうか
・スイングの速さが違う

ホークスの評価
・球界を代表する選手になる可能性がある
・フライの滞空時間が高校生レベルじゃない

中日の評価
・飛ばす能力があり、雰囲気が良い
・打つ事に関しては高校生でトップクラス
・1打席目から打てるのはセンスがある

西武の評価
・野球に対して真面目で向上心がある
・打球が上がるスイングが出来ている
・スケールが大きく末恐ろしい

日本ハム
・大谷翔平選手と比較しても飛距離ではひけを取らない
・プロ野球でお客さんを呼べる華がある

hana

佐々木麟太郎選手がこのままプロ野球に進むことになればたくさんの球団でドラフト争奪戦になりそうだね!!!

スポンサーリンク

花巻東高3番の佐々木麟太郎選手はバッテイングセンスが凄い!

ここでは佐々木麟太郎選手のバッティングセンスが凄いと言われている理由を説明致します。

・クリーンアップを打てる
・反対方向への安打も多く、広角に打てている
・バットコントロールが柔らかく、変化球への対応も上手い
・選球眼があり、タイミングの取り方も上手い

などなどバッティングセンスに注目が集まっている様です。

そんなバッティングセンスはどうやって磨かれたのでしょうか??

佐々木麟太郎選手は以下の様に語っていました。

「練習してきたことが一番の要因だと思ってます。自分にはセンスがないと思っていて、野球を始めた小学校1年生から毎日の素振りを欠かしたことはありません。自分の武器である長打力をさらに磨くため、中学時代には打撃フォームを改善したり、あえて体重を増やしたりもした。そういった努力を重ねてきた結果だと思います」

引用:スポーツ通知

打撃フォームはメジャーリーグで活躍していたバリー・ボンズ選手や大谷翔平選手を参考にしたといいます。

そして何より自分自身の成績よりチームの勝利を願い、その結果でホームランが打てれば良いといった考えを持っているとの事です。

佐々木麟太郎選手はバットを振り、常に探って、試してを繰り返し究極のバッティングを目指しているそうです。

スポンサーリンク

花巻東高3番の佐々木麟太郎選手はドラフト指名確実?!体重や身長バッテイングセンスなど注目点を大調査!まとめ

いかがでしたでしょうか??

佐々木麟太郎選手について徹底調査致しました。

最後にわかりやすくまとめてみます。

佐々木麟太郎選手の身長、体重
・身長184cm、体重113kg
・高校生離れした体格

佐々木麟太郎選手の出身小学校、中学校
・小学校は北上市立江釣子小学校
所属チームは江釣子スポーツ少年団

・中学校は北上市立江釣子中学校
所属チームは金ヶ崎リトルシニア

佐々木麟太郎選手のドラフト指名確実な理由
・高校通算HR歴代最多の140本塁打
・スイングスピード164㎞越え
・バットコントロールの上手さ
・スター性が有り、華がある

佐々木麟太郎選手をどこの球団が指名するか
・ヤクルト・阪神・巨人・広島・ホークス・中日・西武・日本ハムが指名候補としてリストアップ

佐々木麟太郎選手のバッティングセンスの凄さ
・クリーンアップを打てる
・反対方向への安打も多く、広角に打てている
・バットコントロールが柔らかく、変化球への対応も上手い
・選球眼があり、タイミングの取り方も上手い

謙虚な心を持ち、向上心を絶やさず努力する姿には感動すら覚えます!!!

佐々木麟太郎選手はこれから大学に進学するのか!?

それともこのままプロ野球界に進出するのか!?

これからの活躍に目が離せません!!

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次