スポンサーリンク


愛子さまの偏差値72で成績優秀ってホント?東大と学習院を迷った理由を徹底調査!

愛子さまの偏差値72で成績優秀ってホント?東大と学習院を迷った理由を徹底調査!

スポンサーリンク

2023年4月に学習院大学の4年生に進級された愛子さま。

年初のインタビューでは、「最後の1年を良いものにしたい」と答えていました。

大学の最終学年といえば、卒論などで忙しい時期ですね。

そんな愛子さまですが、偏差値は72とかなり成績優秀であるという話もあります。

「皇族の中でも優秀」と言われるほどの才女なのです。

進学の際には、東京大学と学習院大学で迷ったとか。

そこで今回は、愛子さまの偏差値の真実や、東大に進学できる偏差値がありながら学習院に進んだ理由をご紹介します!

この記事でわかること
  • 愛子さまの偏差値72で成績優秀の噂の根拠はどこ?
  • 愛子さまが成績優秀で東大と学習院の進学を迷ったってホント?
  • 愛子さまが成績優秀でも学習院大学を選んだのはなぜ?
  • 愛子さまの学習院大学での成績は?
  • 愛子さまの学習院大学での卒論テーマは?
目次

スポンサーリンク

愛子さまの偏差値72で成績優秀の噂の根拠はどこ?

引用:テレ朝ニュースより

そもそもこの噂がたったのは、愛子さまが学習院高等科に在籍していた頃のことです。

  • テストは毎回満点
  • 成績もほぼオール5
  • 英語力も高い

愛子さまは優秀な成績で、高等部の中でもトップだったそうです。

学習院の偏差値も69と高めですが、その中でもトップの生徒は70を超え、東大も合格圏内に入るのです。

そういったことから、愛子さまの偏差値が72という噂がたちました。

しかし、これについてははっきりと愛子さまの偏差値が公開されたわけではありませんので、多少大げさに言っていることもありえます。

偏差値が72ほどあっても何ら不思議ではない、ということですね。

愛子さまは偏差値的には東大に入れる可能性があったというのは事実のようです。

スポンサーリンク

愛子さまが成績優秀で東大と学習院の進学を迷ったってホント?

引用:学習院大学公式サイトより
引用:東京大学公式サイトより

東大を狙える可能性のあった愛子さまですが、実際に東大と学習院で迷ったという事実は出てきませんでした。

愛子さまの進学が近づいたときに、各種マスコミでは東大に進む可能性があるという報道や記事がありましたが、皇室関係者への取材を見ていても東大と学習院の2択で迷われているということはなかったようです。

愛子さまの進学先候補としては、国内では東大以外に一橋大学交際基督教大学(ICU)がありました。

また、アメリカ・ハーバード大学イギリス・オックスフォード大学などの海外名門大学への進学も候補としてあったようです。

皇族の方の留学はイギリスが多いので、オックスフォード大学は海外の進学先の中でも有力候補でした。

ですので、愛子さまが「東大と学習院の2択で進学先を検討していた」という事実はなさそうです。

それにしても、進学先の候補に名だたる名門大学の名が挙がっていますね。

母・雅子さまはアメリカのハーバード大学出身で、語学堪能であることが知られています。

愛子さまの頭脳は雅子さま譲りだと言われているほどです。

スポンサーリンク

愛子さまが成績優秀でも学習院大学を選んだのはなぜ?

  • 警備がしっかりしている
  • 他の生徒への影響
  • 母・雅子さまのご希望
  • 愛子さまご自身のご決断

以上が、愛子さまが学習院大学への進学を選んだ理由だと思われます。

昔から学習院大学は皇族が入学、進学しています。

ですので、警備の面で安心できるのではないでしょうか。

他の大学に進学するとなると、警備を厳しくしなければならないのでお金がかかります。

その点、学習院大学はもともと警備面での条件を満たしているでしょうから、手間がかかることもありませんね。

また、学習院の生徒さんたちは皇族の方が同じ学び舎にいることに慣れています。

近年では学習院に進学しない方もいますが、多くの皇族は学習院の初等部から大学までを卒業していることをご存じの方も多いでしょう。

他の大学の場合、話題になったり騒がれたりして人間関係で苦労なさる可能性があります。

3つめに、母・雅子さまのご意向もあるかもしれません。

雅子さまは、「偏差値を重視して難関校に挑むよりも慣れている学び舎で学んでほしい」、「落ち着いた環境で学んでほしい」というご希望があったのです。

そんなこともあり、愛子さまは学習院大学への内部進学を選んだ可能性もあります。

こういった理由から、愛子さまは学習院大学への進学を選択されたのかもしれません。

海外の大学への進学でないことも、同じ理由がありそうです。

また、愛子さま自身の決断もあったに違いありません。

多くの選択肢があった中で学習院大学を選んだのは、父である天皇陛下を間近で見てきて、「陛下の背中を追う」、または「見習う」というご決断をなさったのでしょう。

愛子さまと天皇陛下はとても仲が良いそうです。

ですので、憧れの父の後を追うという思いもあるということですね。

スポンサーリンク

愛子さまの学習院大学での成績は?

愛子さまの大学での成績について、はっきりと書いてあるものはありませんでした。

愛子さまは大学で日本文学を専攻されています。

しかし、その枠を超えて第二言語はスペイン語を勉強されているのです。

スペイン語は英語や中国語に次いで公用語として話されていますから、海外にご公務で行くことを想定して選択したのかもしれませんね。

そのようなことから、成績優秀なのではないかと言われています。

また、愛子さまはオックスフォード大学に留学を予定されているという噂もあります。

オックスフォードといえば、イギリスの有名大学ですね。

2023年時点の天皇もオックスフォードに2年間留学をしていました。

オックスフォードという難関校への留学を考えているということは、大学での成績も優秀なのではないか、と話題になっています。

また、愛子さまは2023年5月28日に雅楽を鑑賞されました。

愛子さまは大学で日本文学を専攻しているということでこちらの雅楽鑑賞に参加されたようです。

説明者に質問しながら大変興味深そうに見ておられました。

このようなことからも、愛子さまは勉強熱心で前向きな姿勢であることがうかがえますね。

スポンサーリンク

愛子さまの学習院大学での卒論テーマは?

愛子さまの卒論テーマは明らかになっていませんが、源氏物語をテーマとして選びたいとお考えになっています。

源氏物語と雅楽には関連がありますので、そういったこともあって雅楽を熱心に見学されていたのでしょう。

愛子さまは文学全般がお好きですが、特に平安時代の文学に興味がおありのようです。

大学ではあらゆるジャンルの文学を網羅的に読んでいたようですので、その知識は素晴らしいものでしょう。

スポンサーリンク

愛子さまの偏差値72で成績優秀の噂の根拠はどこ?東大と学習院を迷った理由を徹底調査!まとめ

今回は、愛子さまの偏差値の真実と、進学先について紹介しました。

愛子さまは皇族の中でも頭脳明晰と話題ですので、きっと大学でも優秀な成績を修めていらっしゃるに違いありませんね。

皇族の方は大学時代や卒業後に留学を経験されることが多いです。

愛子さまは英語が堪能ですから、留学もするかもしれません。

留学するとしたら、どの大学に行くのか、どれくらい行くのかなど、注目されることは間違いないですね。

この記事でわかったこと
  • 愛子さまの偏差値は72あっても不思議ではない
  • 偏差値2の噂がたったのは高等部時代
  • 東大と学習院の2択で進学先を迷われたのは事実ではない
  • 進学先に学習院を選んだ理由① 警備の問題
  • 進学先に学習院を選んだ理由② 他の生徒への影響を懸念した
  • 大学でも優秀な成績を修めていると思われる
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次